紫外線とメリット

多くの人が紫外線の有害性を知り紫外線対策を取る人が増えてきました。紫外線は皮膚がんや白内障、免疫を弱めたり美容面でもシミやシワの原因となる非常に悪者のイメージが定着してきたのです。しかし、紫外線にも良い面もあります。

紫外線があることで良い方向に動いているものだってあるのです。紫外線は日光の中に含まれています。日を浴びて体を動かすことは爽やかで健康的です。ストレスの解消になることもあるのです。紫外線対策さえしっかりと取れているのならばどんどん外に出て日光の元で体を動かすことは良いことだと言えるのです。日焼けをすることは良くないこととは言っても日焼けをすことは健康的に見えますし人間的な好感度は悪くはありません市魅力的でもあります。紫外線には殺菌効果もあります。悪い雑菌や細菌などを殺すことができるので広い分野で衛生面に利用されることもあるのです。

良く考えると植物などは紫外線がないと成長はしません。つまり、紫外線があるからこそ我々は美味しく野菜や果物などを食べることができるのです。最近では電力などに代わるエコなエネルギー源として太陽光発電も注目をされています。人が生きていく生活にも密接に関与していることになるのです。このように紫外線は良い影響をもたくさんもたらしてくれるものです。

我々人間が上手に紫外線と付き合っていくには不要な紫外線は浴びないように紫外線対策を徹底して生活をすることが重要となるのです。

日焼けした後の水ぶくれ対策

日傘にサングラスに帽子に日焼け止め、万全と思われるような紫外線対策を取っているつもりでもちょっとした油断で日焼けしてしまうこともあるかも知れません。もしも日焼けをしてしまった場合は適切な対処を取るように心がけなくてはいけません。

日焼けをしてしまうことは皮膚がやけどをしたことに等しいこととなります。そのため、先ずは日焼けをした部分を冷やすことが先決です。冷たい水を浴びるとか氷で冷やすことが良いでしょう。熱いシャワーを浴びることは日焼けの症状を悪いほうへ持っていく可能性もありますので控える方が良いでしょう。日焼けすることは活性酸素を生み出すことにもなります。

活性酸素は体にとっては何かと悪い影響を及ぼすものですので除去する行動をとらなくてはいけません。もっとも手短で出来る方法は食べ物で対処していくことです。ビタミンCやビタミンEにポリフェノールなどの成分が入った食べ物を好んで摂るように心がけましょう。

日焼けも重症になると見た目にもやけどをしたような状態になります。赤く腫れあがったり水ぶくれができたりするのです、このような状態になってしまったら迷うことなく皮膚科で対処してもらうべきです。間違っても自分で水ぶくれを割ることはしてはいけません。

下手に自分で手当てをすると跡が残ることもありうるので気を付けましょう。何よりも大切なのはしっかりと紫外線対策を取って日焼けをしないように油断しないことです。日々、紫外線対策は頭に入れて行動をするべきなのです。

敏感肌の人の紫外線対策

人の肌には色々な肌質があることがわかっています。中には敏感肌と言われるちょっとした刺激などで炎症を起こしたり肌荒れを起こす人も存在しています。紫外線対策には日傘や帽子にサングラスなどを着用することは誰しもの共通事項です。

これに日焼け止めを塗って紫外線対策を取ることができればほぼ万全だと言えます。しかし、日焼け止めについては気を付けなくはいけないことがあります。特に敏感肌の人は日焼け止めには気を付けて使用したい点があるのです。日焼け止めならどんな日焼け止めでも良いというわけではないのです。

間違った日焼け止めを使用すると敏感肌の人は肌への刺激が強すぎて肌に支障をきたす可能性があります。

そのため、基本としては刺激が低いものを選択しなくてはいけません。無香料で無着色、そのうえで低刺激な日焼け止めを選ぶのが基本となります。日焼け止めの使用後には簡単に湯や石鹸で落とすことができるものであることも大切なポイントになります。また、日焼け止めの中でも紫外線吸収剤を使用しているものは控えることが肝要です。

紫外線吸収剤が入った日焼け止めは紫外線を吸収するのですが、その際に化学反応を起こすことになるので敏感肌の人には特に危険だと言えるのです。紫外線対策として日焼け止めを使用するのであればノンケミカリと言われる紫外線散乱剤を使用している日焼け止めを使用するようにしましょう。ただし、すべての紫外線散乱剤が肌に適しているかどうかは人によって違います。よく確認したうえで使用することが重要です。

紫外線による活性酸素が肌の老化に!注目の日焼け止めサプリについて

以前から「日焼け止め」といえば、クリーム状、ジェル状など肌に直接塗るものが主流となっていますが、服用し続けることで日焼けを防止できる「飲む日焼け止めサプリ」や「飲む日傘」とも呼ばれる画期的なサプリメントが近年登場しました。

そのサプリメントとは「ニュートロックスサン(Nutrox Sun)」という有効成分を含んだもので、毎日一定量を摂取することで、簡単に紫外線対策ができ、最近ではモデルさんやタレントさんの間で徐々に浸透してきているそうです。

<h3>飲む日焼止めニュートロックスサンの効果</h3>
人の肌は紫外線を浴びると、肌の奥深くに紫外線が侵入しないよう、活性酸素を発生させます。この活性酸素が刺激となり、肌の深い部分にあるメラノサイトからメラニン色素が生成されます。その後、メラニン色素を含んだ表皮細胞に新陳代謝されることにより、肌が浅黒く見えるようになります。

また活性酸素の中には、皮膚の若々しさを保つコラーゲンなどの成分を壊す作用があるものもあり、肌の弾力が奪われる原因となります。このことから、紫外線にさらされて活性酸素が発生することで、結果として肌の老化につながることになります。

ニュートロックスサンは、スペインの大学と企業の共同研究により開発されたもので、シトラス成分(グレープフルーツの果実)とハーブ成分(ローズマリーの葉)から生成された天然ポリフェノール成分のことを指します。

シトラス成分は「水溶性抗酸化物質」として細胞の外で、ハーブ成分は「脂溶性抗酸化物質」として細胞膜の中で、それぞれ活性酸素をコントロールする働きをもっています。また、ローズマリーに含まれる「カルノソール」という成分は肌の赤みをコントロールする働きをもちます。

日焼けにより起こる一連の現象の中で最初に発生する活性酸素を抑制することで、肌が日焼けしないよう働きかけるのが日本製の飲む日焼止めの主成分「ニュートロックスサン」です。

ニュートロックスサンを摂取すると、紫外線によるダメージを約60%カットすることができます。開発段階での実験では、紫外線を浴びたあとに摂取した場合でも、日焼けによる損傷を修復したという結果も出ているため、外出前に飲み忘れてしまっても、あとで飲めば間に合う可能性もあるようです。

日本で紫外線の量が多いといわれる時期は、4月から9月ころと言われています。紫外線量のピークの前から毎日飲み続けることで日焼けしにくいお肌に改善することができそうですね。

塗る日焼け止めの場合、ドラッグストアやスーパーなどの身近なお店で手に入れやすく、幼児にも使える製品もあるといったメリットがありますが、その反面、塗りムラが出る、衣服に付着して汚れる、塗り直しが必要、水を浴びたり汗をかいたりすると落ちてしまい、たちまち効果が損なわれる・・・などといったデメリットもあります。

しかし、飲む日焼け止めサプリの場合は、毎日決まった量を服用し続けるだけでとても簡単なうえに、肌とは別にケアが必要な、目の日焼け防止も対策できます。

多忙な方や、日焼け止めをこまめに塗るのが苦手な方、塗るタイプでは肌荒れしてしまう敏感肌の方、男性にも向いています。
ただし、妊娠・授乳中の女性や4歳未満の乳幼児は服用できないという制約がありますし、他の薬を服用している方は、医師や薬剤師に相談してから服用したほうがいいですので、その点を頭に入れておいてくださいね。

前述のとおり、含まれている成分も天然の植物に由来する成分であり、臨床実験も行われ、効果や安全性が確認されています。また、現段階では副作用の報告もないそうです。

とても画期的な製品ですが、残念ながら飲む日焼け止めを服用しただけでは完璧に紫外線ダメージをカットできません。

白いお肌をばっちりキープしたい方は、サプリメントの服用だけでなく、引き続き従来型の塗る日焼け止めを併用する必要がありそうですね。

来年の夏に向けて飲む日焼け止めサプリメントを取り入れて、日焼けを気にしない楽しい夏のレジャーに出かけてみませんか?